賃貸法人契約しよう|魅力を最大限に伝えるのが吉

女性

近年のオフィス事情

会議室

渋谷には数々の企業がオフィスを設けており、不動産事情としては賃貸物件もコスト削減で話題を集めています。特に会議室をレンタルできるサービスは評判が良く、シンプルな一室を借りるだけではなく、オフィス機器や設備までが付帯された状態でも借りることが可能です。

View Detail

会社の拠点を移す

ウーマン

会社の状況は少しずつ変化していきます。使用しているオフィスが会社の状況と合わなくなった時、オフィス移転をした方がお得です。そして、オフィス移転を助ける業者は総合的なサービスを提供しており、全面的に任せられる特徴を備えています。

View Detail

初期費用を抑えられます

オフィス

新大阪は、既存企業の営業所やサービス拠点など、短期間のオフィス需要が多く発生するところです。また、創造性豊かな新規事業を立ち上げる方も多く、そういった場合には貸事務所が魅力的です。郵便振り分けや、電話、インターネット環境まで揃っており、初期費用を抑えて事業を始めることができます。

View Detail

社宅として借りる場合

スーツの男性たち

不動産屋さんで賃貸法人契約として契約する際には注意しなければならない事がいくつかあります。賃貸法人契約をする場合にまず気を付けなければならないポイントは、自分の会社を信頼してもらえるように努めることです。不動産屋さん側からみて近隣住人とトラブルが発生する事も少なくないので厳しい目線です。事前に自身の会社がどのような会社であるのかPRするポイントを抑えておきましょう。看板やホームページも注意しておきたいものです。近隣との関係のためにも看板を玄関やポストに名義入れをして良いのか、ホームページに住所を載せても良いのか事前に相談しておきたいものです。

賃貸法人契約をする際には、来客者も注意しなければならないポイントです。来客者数が多いと近隣の住民に迷惑をかけてしまう恐れがあります。せっかく入居しても来客が多いとトラブルが原因で退居される事もあります。不動産屋さんと賃貸法人契約をする際には事前に伝えてみるのも良いでしょう。また、来客が多くなることが予想される場合、防音対策が施された部屋やワンフロアの世帯数が少ないところを選ぶとよいでしょう。住む住所を法人契約をするのかを確認しておくのも大切なポイントです。実際には個人目的で借りると後で国税庁から督促状が届く場合もあります。最近ではバーチャルオフィスとして住所登録ができます。会社名義が曖昧な場合は、「バーチャルオフィス」という名義で借りてみるのも良いでしょう。賃貸法人契約として借りる際には法人の登記簿謄本や法人印鑑証明書などいくつかの書類が必要になるため契約する際には用意しておきましょう。